ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

メモ97

 
 
97
 
すぎた日は俗耳をこめかみ下にたて
ここがふるい器官だとつたえると
みることのないあながあたまにあり
ふるえだけをしろうとしているし
それもしろあやめのさだめとかえされ
ひかりまとうくずれでなおも耳殻を
わたがしのようにながすわたくし
 
 

スポンサーサイト

2018年06月19日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

メモ96

 
 
96
 
朝ぶろのあとにうつくしく湯ざめして
からだにある真珠をくもらせている
事後はことばだ、寡言をまもるための
 
 

2018年06月18日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

メモ95

 
 
95
 
べつのすがたかおになるのがいやで
あたまを天にうずめるのもいやで
でるときには帽子をかぶらなかった
やまふじのころのかぜのかおり
けれどおなじさにこだわりもなく
こだちのなかでは髪へ羽根をつけて
かわやでないことにうっとりした
 
 

2018年06月17日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

メモ94

 
 
94
 
とりかごをかなでるようにふとみえる
たてごとはだきごこちがうまく添い
瑞鳥ながれやまぬいくつものかなたに
まどおくふかいなにものかをおいて
ないことのあいださえ糸竹でひからす
 
 

2018年06月16日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

メモ93

 
 
93
 
途中は恥しいので消滅後をみてくれ
ふるびた始祖鳥にそうつげられて
思いそのものをとおくおもいながら
まなざしはそらの奈落をくだった
 
 

2018年06月15日 日記 トラックバック(0) コメント(0)