ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

こぼれる

 
 
【こぼれる】
 
 
かならずうるんでいる
けしきがあるとするなら
それはおくのほうで
みずのあかりをうけて
ひとのさったあとだろうか
二〇一七年なつのおわり
けしきにほそさがあるのは
そこをうすめでみやる
ためらいがかかわっていて
ゆらぐ線のかずでこそ
そこ以外からのうつりも
はかってゆくしだいなのだ
ああひとのいないことは
きえたことにずいぶんかよう
まなざしをなげうてば
みえているとみているとを
わけいるてだてばかりだ
みているくるしいおもいは
はるかをおもくこがして
まなこのあやまりまでいうから
みえているにこのかおを
あわせるひつようがあった
さんだるのすきまから
しろいあなうらがきらめくと
わたしはあるいているのか
そんなうたがいもわきおこる
なにびとかのまばたきのなかに
身をおいているありかから
なみだのこぼれるさまがみえ
みんなわたしじしんだと
こぼれるがくつがえってゆく
わたしでかかれたものは
きみをかならず代入しうるし
それがきっとやわらかい詩法だ
しろいあなうらがきらめくと
きみはあるいているのか
そんなきぼうもわきおこる
天使ということばを詩に
つかうのをとうにわすれたが
わたしときみとを架橋する
くうかんのなかだちとしては
いきものでなくわるくない
きみの鳥がとびさって
みずのなか骨をのこしたが
いきものでないしわるくない
波紋はきえるいまのため
あやうくおのれをこぼれるが
おおくみなもにはうすいだけだ
 
 

スポンサーサイト

2017年08月21日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

彎曲

 
 
【彎曲】
 
 
わかいころにあった
まじわるという感覚が
あわくほぐれてくる
かたるにしても美酒が
まじわりをつないで
からだがとけかかるだけ
ねんごろはわすれていった
おのれにこそわだかまり
まむかうゆめなどしらない
すくないものを想定し
それごしにはるかを
ながめる気にもなって
むしろせかいをあみだす
視点はふえているが
さきざきで花にであうと
花の眼でみつめられ
さわになめられることの
うつろもかんじられる
つづく花蕎麦の白を
ここからさきへ追うと
はじめられておわりまで
カーヴをえがく詩を
しるしたいとかんがえる
捷径しかたどらない
もののまなざしがいやで
こまかくひろがる面は
なですてるにしかないから
想像がおこるおりには
カーヴがかたちとなるのだ
おんなをこのむのと似る
ながれをまがるときの
体側めくつづきへと
なつのいろがあたたかく
あつまってくるようで
それらと風とをわけるのが
大曲りするはなやかな
おわり紀行といえた
のぼりみちと海岸線でだけ
たどるさきがカーヴする
ナヴィの機械とかたりあう
運転席と助手席の姉妹
そのうしろにすわり
じぶんのねむけをみている
ものみはものいみにもなって
すぎてゆく、るべしべ
おとふけの名がきれいだ
後部の者はカーヴにゆられ
しずかにしんだようにしずみ
なまえの寸刻ではなく
そのまえうしろにはせる
きのうもそうだった
きりたっぷ、あっけし
みずとむすばれたきしの
てごわいカーヴぜんたいを
みすぎるまでにみていた
 
 

2017年08月06日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

デュカス

 
 
【デュカス】
 
 
蹴ぼこりをあげながら
トラがヒョウへと
はしりかわってゆくのを
くさはらのさきとおく
いつまでもみつづけていた
しまもようがはがれ
まだらにとびちっては
そのぜんたいで這うような
うつくしい流線を生じて
もちまえのこがねが
ことさらかがやきだすと
じかんのつづくうち
すがたうつりはともない
オスがメスになるとも
にこ毛がほのおになるとも
にえがめいろになるとも
かずかずをかずかずにして
おぼえまどったのだった
はじめみとめたトラが
ヒョウへもえあがることは
けものの架橋かもしれないが
きたないうなりと牙から
つづられだした総身が
かじとりする尾でおわると
あいだにつばさめいたものが
しらほねのにおいをはなち
しかもはばたきもせずに
きしみわれだすのがわかる
あしもとのくりこみではなく
はしるは体長をくりこみ
たえずあたらしくなりつつ
定規というべきものを
はげしくすてつづけている
トラからなったヒョウは
いつだつをばっせられ
へびをうごきにうめられ
ダチョウを罪にかたどられ
さつりくに静謐をかざられて
追うあとあしにくいこむと
ざんこくがまぐあいへと
またきよめられてゆく
はしるからたべるにかわり
おのれでしかないものに
とりかこまれ号泣するのだ
そうげんは海原のように狭い
おおむかしにみたな
おおむかしのわたしだ
こどもと王もろともだった
輪をなした紐のわたしだ
 
 

2017年07月29日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

 
 
【手】
 
 
そういえば五感のうち触覚だけが
あまりかんがえられていない
なにをさわればくるしくなるか
それらをひそかにしることで
手のなかにあるものへゆきつく
そうしたうごきのふかみがときに
てのひらさえとばしているのに
だれもがなでるもののまえで
ぶんりなどしないとしんじている
すでに花期がおわり穂となった
ふたつみつのゆれにふれると
風とそれ以外もつたわってくる
あっただろうむらさきがきえ
繊毛からのくすぐりをつうじて
ゆびはおろかたましいまでも
繊毛となってしまうのであれば
もともとはさわられることに
ひとみながせっしているだけで
あふれている世界苦の覆いが
あるかなきかのすきまをつくり
さだめなさへとひろがってしまう
後悔のぼやけにやられるのだ
なでることはよくぼうではない
場所をたしかめようとして
場所ではない脈動にふとふれて
いのちのうごきでなければ
回収できないおそろしいズレで
世の稠密がみだれていると
みずからおもうだけかもしれない
あるいているうちにふれる
はなびらのおもさやしめりも
ひとのものとまちがえはしない
おもかげならどこにでもあり
まなこがそれらにみだされるが
なでることにおもかげはなく
おもかげそのものにもさわれない
てのひらにあながあくほか
ふれるものにも引き算がなされ
つながりとなるあまりがくずれる
にんげんとそうもくのあいだの
受粉ではなく受苦がさわりにあり
かすかな粥のようなかなしみを
ぬりあるきつつこんぱいしている
 
 

2017年07月25日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

花火

 
 
【花火】
 
 
ふるいたてものがとおくにあれば
そのすみにいることもできる
ひとりぼっちののはらとはちがう
そとかいだんへのでくちから
なかばからだをあらわして
ぜんたいをせおっているような
それでもえだのにおいこそを
あたりへはなつみこみちがいに
こころをあおくするしだいとなる
しんでいるあかしがしびとだが
すみにいるこどもをかたりかえる
てつがくのてきかくなことばはない
ゆうぞらとのかんけいもわずか
はじまるはなびはゆうかげのなか
ずいぶんいろあわくひらいて
すかーとからのびるそらのあしを
きえかかるものとみあげている
ひとみにえんきんはみかたしない
とおくふくむものがありすぎて
荷台ではこばれてゆくのをみやるが
ちかくなどなにもいれかわらない
蜜のおもくながれるにひとしく
ゆっくりうつるのがおうごんだが
そこにくるしいあおみをおびるのが
たてもののすみにいるとわかる
あにーろーりーの下校放送がひびき
みずからのおわりをつげられると
残光のいとくずを髪にうけて
とびらになかばかくれたままの
よこざまのこどもがかたまってゆく
それからをどうするのだろうか
みこみいっさいがはじきかえされ
その一隅だけがみひらきになり
ぺえじをひらいているときがある
よまれるのはそうしたもので
あれごりーなどうごかなければ
むざんなぶんめいでしかないのだ
あのこどもも一晩かけてきえる
よきことのないわたしとして
 
 

2017年07月21日 日記 トラックバック(0) コメント(0)