ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

すきだ

 
 
【すきだ】
 
 
ほしうらないの良い目のあさは
詩をかこうかとおもいたち
手をいれながらしあげてしまう
もともとに主題すらなくて
丸かっこをつかわずする留保
つまりながれのぶんかつが
めんせきとてつがくとをうむ
ふしぎにひかれているのだ
みずをうかべたすいめんがみえ
ひふではなくものごとの
実相をたたえるうすさがすきだ
花をうかべたのみものをのみ
おこないをかぎわけさそう
くちのまえのぶんかつもすきだ
想像のからだと現実のからだなら
ここにもとめるのもあわさで
くうきのそうなっているときに
わらいながらするじさつ劇が
しらないとおくへ花をちりしく
二、三人くらいのあのひとがいる
もびーるのような可動性は
からだのはんいにあるゆらめき
はりがねでできたしぐさの
その呼吸へとひかりがはいり
すがたがト音記号だとおどろく
かけらを調性にならべれば
あらわれてまたきえることも
リードでひっぱられたおんがく
みたいないぬになるだろう
すきだ、もののかたちがかわる
すきだ、きえごとが多になる
かきながら発端をわすれて
どうながのいぬがもびーるから
すうほんのひもにへってゆく
そんなのもぶんかつだから
さんぽするあのひとの公園は
おもさの不在をひいている
 
 

スポンサーサイト

2017年06月26日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

私の好きなもの

 
 
《私の好きなもの》
 
ある食べ物が飲み物に似ていること(たとえば山芋のすりおろし)
剥かなければ食べられないもの
負担のない詐術のような上り坂(明治大学の脇からアテネフランセへゆく径など)
ちいさな疲労
疲労によりみえにくくなっている遠方
デミニッシュ・コード
伏し目のうつくしいひと(女優ではなく)
色彩のこぼれる声
先メロにより文法破壊の生じた歌詞
胡椒のにおい
廃園(なおも花が咲いていれば)
ヴァルター・ベンヤミンの過去のかたりかた
傾向としてのセルフ・ネグレクト
主格のきえた構文連鎖(しかも動詞の終止形連鎖)
幾何学的な木造建築
回転一般
護岸されていない水辺
メランコリックな大型犬
とつぜん出会った八〇年代ふう雑誌文体の発展形
「線」「比例」など視覚原理を考察する文章
「展開」「和声」など聴覚原理を考察する文章
順延
敬虔さ
自分自身を待つこと
論理でわらわせるもの
湿度のひくい曇り日(秋などの)
少年的な女性
裸身の賞玩
調和のとれた三人で出歩くこと
廃サイロ
断章でつながれた映画
与謝蕪村
エクスタシー発作にいたるまえの前兆的文章(みじかければ注意が要る)
動物番組
音色と楽想の縮減をそのまま展開している演奏(マーク・リボーなど)
繊細に調理された鶏胸肉
遺書のない生
かつてした鉄道旅行(大糸線、三陸鉄道、根室線が三大路線)
間歇的でみじかい睡眠
パウル・クレー
にんげんの手を精巧にしるす画
放棄をうたう詩句
古代中国にあらわれた奇妙さの体系
「分割」論ともいえるアートっぽいマンガのコマ割り
クライマックスで「悔悛」をえがくドラマ
うすいサンドイッチ
こもれび
寓喩
 

 
授業であつかうため、ひさしぶりに『彼自身によるロラン・バルト』を再読している。《私の好きなもの》の断章にいたり、むかしをおもいだした。立教での授業のため、当時仲のよかった諸賢(いまや故人も絶交者もいる)に、バルト同様の「私の好きなもの」を書いてもらい、それをプリントで配布したのだった。委細ご覧になりたければ「阿部嘉昭 私の好きなもの」でググってください。ぼくじしんの流行と不易もわかります。
 
 

2017年06月24日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

くびと肩のふたり

 
 
【くびと肩のふたり】
 
 
詩集ゲラをよみすすめてゆくと
わたがしのなかへとくびが
はめこまれるとかんじた
いきがあまくうすくつまった
そのまえに波動かなにかで
そいつがはずれていたのだが
みずからなした詩の時空は
はずれてゆくからだの部位を
うけとめたうえでなおさら
かすかにするはたらきもあった
はずれたくびが双肩にむけ
よわくふかくよびかけていて
頭上図のかんけいというものだ
聖性をはかりつつ線をひいた
はずれるとは松下育男の
へんな詩にもあった動詞だが
はずれた主体のさいごは
玄関からそらへとみちびかれ
その恐怖がうつしかった
きっとひとみながみずから
くびをはずしむかうあいてに
わたしたいとねがっている
このことをなしたむこうみずが
ことばを脈からはずしたてがらで
ひじりともよばれるはずだが
はずしてわたそうとすると
こころみるまにかたちをなさず
あわくただようのがふしぎだ
わたそうとする場所も舟になり
くらげ島へかえるみちすがら
しぬのかとふとかんがえる
詩集ゲラをよみすすめてゆけば
きしからぼやけたわだつみへ
さいごのわたが舞っていて
雌雄の異株のさみしさは
ぽふらをこえひろがっている
くうかんがふめいになれば
おのれをしわぶき頭上へなくす
かばんもかけられない肩とくびの
この世には雌株もまれだから
ふたり以下のみえないふたりへ
ひとりがかわるだけだった
 
 

2017年06月22日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

排列

 
 
【排列】
 
 
耳の立つひとをかたわらに置き
わいてくる風を聴いてもらう
どのみちふたりでいることなど
ちいさな列になるしかなくて
このよこはばになにかをいれる
さそいとしてめのまえはみち
ふくらんだというおぼえもある
にわかにうまれでるものは
そのうまれたものいがいにも
にわかさの表情をもち
うすいみずけをかんじる
ときごとに列ができてゆけば
きみのかおすらみぎひだりある
ちいさなうつくしい列となり
均整はもちまえのしずけさから
へんぼうをけしてゆくだろう
みえるをきこえるにまぜ
ちからをうばうのもたやすい
そうしてすこしずつくるい
ふかい水魔をまたいでいって
わたしらのかたどる列が
みかたでは刑ににてくるが
約と延のかきものよりずっと
たんなるふたつをつづけるから
あるきながらでも左右をたもてる
ここのろくがつは本土の五月
とりどりの咲く両側がかこんで
べつの道がひらけているのは
幅があいだをときほぐして
たおれるよう列をしるすため
たおれるまでのたかさにも
しぜん横をみとおしてしまう
そえないものに恋するのは
あるきながらうるんでゆくのは
こういうしだいではないのか
川さながらにゆくあれらの列は
きみのからだからはなれる
善悪の双数をもとにしていて
時間もふたつをつなぐのではなく
ふたつある時間がひとつなのだ
うすいこの心身のかたわらで
きみじしんがあふれていた
 
 

2017年06月20日 日記 トラックバック(0) コメント(0)

減衰のうた

 
 
【減衰のうた】
 
 
いやらしいことを
かんがえるといっても
おんがくのへびが
みつにおぼれるなど厭だ
ましてやおんなの髪を
かばしらとみるのも御免
とどのつまり生家の
のきしたのわびしさや
いぬのあほうめいた
はらみせで濁しながら
はなのしたをのばし
とろりとさゆをのむだけだ
それよりも劣情するには
むっつの具体でできた
あれごりーをうかべ
まばたきのさきで
かたちがだしいれされる
不定こそよいのではないか
ほしをやむというなかれ
きっと効能はかおみずから
ふられる手旗のような
白あれごりーにまとまる
あぐらをほこりっぽくしつつ
みぢかなけものにたくした
にんげんのものがたりが
ただたださしせまった
ふいごや蟻や棒術の
うごきとなるのが妙味で
けいれんする仙術といえた
すなわち幽暗のたぐいを
もろくもふるくゆらしては
へやのいちばんとおくへ
いやらしさをとばしてみる
あたまのきれ味いいのと
あたまのくるっているのが
わからないあわれさなら
ゆらすほど濃くなるもので
ともだちにしてくれるかなと
おのれをまるめてもいい
あれごりーはむっつを裂いて
あなをひらいたりしていて
かたるにひゆがまずしくとも
ゆれればゆれのひゆになる
その骨皮のぼろぼろな
近似値あればじゅうぶんに
ひとでなしのひものだが
もちろん申すにおちる
近似値がいやらしいのだ
 
 

2017年06月15日 日記 トラックバック(0) コメント(0)