FC2ブログ

ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

山麓通り

 
 
【山麓通り】
 
 
塔をみつめればことばも
たかく立とうとするのかもしれないが
うちがわへ折れたがって
 
まがっているをあるいた
 
ああ、よこたわるひとをみると
動悸するのはなぜか
死んでいると錯覚するよりさきに
いとしい横臥がみずたまりとおもえる
つきあいの発端もあったはずで
 
ひとのからだに空の映ったおもいでが
むかしからの寝床でぬれている
 
材のかさなりが水平線とみえる
ひとつの角度は
青に病んで、といえばいいのか
 
むかうことが喘鳴している
 
 

スポンサーサイト

2019年01月07日 日記 トラックバック(0) コメント(0)