樹下 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

樹下のページです。

樹下

 
 
【樹下】


いる場所がこもれびになって
なぜか葡萄のかおりがただよう
きっとあかるみだしたそのひたいが
うすすぎて骨がすけているからだろう
きみがつつむもののない皮にみえる
くたびれた袋だとほほえみながら
みかわすことも眼に竪琴をやどして
かなでるように前髪がゆれている
それでかたちとひかりがゆるやかにとけ
あたりは房なすものの重みにみちる
 
 

スポンサーサイト

2011年09月15日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する