FC2ブログ

鋸の気配 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

鋸の気配のページです。

鋸の気配

 
 
【鋸の気配】


あおいひかりが藁にさしこむ厩から
聴きなれない伝達音がする
一体であるべき馬が二体になりつつあって
砕氷がそのたましいへ作動しているのだ
たったまま星を負ってねむるからだへ
できた裂け目がそのまま眼になろうとする
このボロや歌の数があわないことから
もう一体があふれでようとして馬は
最初のからだをおがくずにかくすため
くるしくなびく、なびきつづける
 
 

スポンサーサイト



2011年09月16日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する