仏座 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

仏座のページです。

仏座

 
 
【仏座】


あけがた明けのこるのはいつも顔で
たかいじぶんに顔があると
それでまた知ることになる
風にわずらいながら金木犀のあたりを
あおざめて踏みまよってみると
においが千々にくだけ、はじけて
仏界というように四方が撹乱される
この顔のくぼみもなんの定位にならず
ひかる眼だけが奥にいきのこって
金木犀が散り敷いた黄金にのみなじむ
 
 

スポンサーサイト

2011年10月12日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する