魚影 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

魚影のページです。

魚影

 
 
【魚影】


鰓にかざるものは
ほのおから得たものだ
それが水中を分割し
あたりに風を起こす
閲覧をこころみようとしても
めくれない頁が海にあり
これを行為の軸にして
たがいに離れゆくこともできる
われわれはわれわれをいきるためだ
魚影さ、しょうがない
 
 

スポンサーサイト

2011年11月03日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する