根菜 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

根菜のページです。

根菜

 
 
【根菜】


このおわりちかい季節になると
根菜ばかりが地中からわいてきて
とりわけしろいものがなにかを
ひとはたましいにつるすことができる
さまよう池沼だってただごとでない
それらがずっとくるしいさけびを
ただふかさからつかんできたとして
ハスならなぜ空洞をもつのか(音楽?)
ぬれた場所に掘るひとが腕のようにならび
そこではたまゆらの井戸も次つぎみえた
 
 

スポンサーサイト

2011年11月17日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する