FC2ブログ

鍬 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

鍬のページです。

 
 
【鍬】


あさつゆに湿った場所を掘ると
根の張本人といったものがでてくる
――汝だね? サンズイに女。
それがアジアふうの着衣なので
掘ったしろい像が茫々とひろがって
脱力がかんがえられるようになる
――おまえをひとつに固めているのは
なによりも詩骨さ。それを砕かなくては。
鍬をもってあたりをふらつきながら
どうして金篇に秋なのかもなげかれた
 
 

スポンサーサイト



2011年12月14日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する