阿吽 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

阿吽のページです。

阿吽


 
北海道北見から「阿吽」6号、来る。冒頭から計31頁分をぼくの詩篇が占めてしまった。「さるすべり、鋸 その他」。秋ごろに書いた十行詩15篇を送ったものだが、それを何と一篇二頁の贅沢で印刷してくれたための大量頁となった(「できれば」一篇一頁と依頼していた)。ともあれ、「阿吽」編集部のすごいところは詩篇依頼が「字数自由」なこと。松本秀文くんなどはそのため小冊子詩集を別冊にしてもらうなどの大盤振舞に浴している。今回の松本くんもぼく同様、何と31頁を占拠。ほか高塚謙太郎くんが「屏風集拾遺」で七つの「屏風」を並べて七頁を、藤原安紀子さんも四頁だが連作内在性が詩篇全体にあってボリューム感がある。「阿吽」は第一号にぼくの詩集の絶賛を大々的に載せてくれた同人誌。北海道、それも中心ではない場所を拠点にしているのが見事だ。だからずっと続いてほしいが、そのためには大量投稿の連打はまずい、ともおもう
 
 

スポンサーサイト

2011年12月23日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する