FC2ブログ

音階 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

音階のページです。

音階

 
 
【音階】


たましいを同伴して正円寺までを歩く。それでもからだになってゆく。二枚数枚と算えられる風景の部位があり、ちがうけれどもそれらを瓦と名づける。波の多い街並みだ。あらゆる正円と相似な正円、その退屈にからだがとけて、あしもとを亀どものひかりがおよぐ。
 
 

スポンサーサイト



2012年02月17日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する