江津湖 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

江津湖のページです。

江津湖

 
 
【江津湖】

よしは水の境界、岸のひろがりを茫々と戦いでいる。これに一斉をかんじれば俯瞰の眼がとつぜんにえられて、からだもいつか泛きだす。あることの無量無寿讃がよしよしとただひびくのは鷹の視韻律だろう、鄙をこのみ歩く身からはその後がきえる。
 
 

スポンサーサイト

2012年03月19日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する