四肢を愛す ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

四肢を愛すのページです。

四肢を愛す

 
 
【四肢を愛す】


からだのかまえすべてが並びとなって、きみははじめから複数ではじめる。そのほとんどをあじわうため、匙が過度をする。おかげできみのゆえんも粥のようにしろくこぼれ、いつもこちらは椀をもつみたいだ。だがここはパオ、しずまっている煮汁だってとおい遊牧の分光にすぎない。
 
 

スポンサーサイト

2012年06月23日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する