松岡政則・口福台湾食堂紀行 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

松岡政則・口福台湾食堂紀行のページです。

松岡政則・口福台湾食堂紀行

 
 
松岡政則さんから新詩集『口福台湾食堂紀行』をご恵贈いただき、さっそく読んだ。いつもどおり素晴らしい。

一種の旅行詠的作品(けれども台湾には長期滞在なされたようだ)がずらり並んでいる。旅行詠はもともと苦手なのだが、松岡さんのはなぜいいのだろう。答は簡単、観光者的な視点や行動が見当たらないからだ。公的でない風景の恥しさのなかをさまよい、庶民が食べるのとおなじ旨いものを食べ、ひとと知り合い語ることもすくなく、ただ風光のなかに自身のあゆみがとけてゆく。ぽつねんとあるバス停の素晴らしさ。洗濯物丸出しの細民街の路地の「うつくしさ」。省略されない繁字体のメニュー名と食材の不可思議、着実な地形や人身の把握があって、具体性のなかに台湾という土地の、暑い懶惰と混沌がじわじわと浮かび上がってゆく。とりわけ漢字にかかわる感受性の繊細がつたわってきて、金子光晴の『マレー蘭印紀行』を想起した。

形容詞の名詞化、「艸」といった松岡さんならではの用語、自己述懐のやりかたの特殊性と、みたことのない抒情性への転化、これらが台湾各地の物・事・人と、音韻性抜群に共存してゆく。松岡的文体の自在性は増強された。霧社事件の現地におもむく、台湾少数民族の村落に行くなど脱台北的、意欲的な旅行地選択で、たぶんそこから「世界の鄙」が何かが考えられている。それは竹細工職人の家に育った松岡の出自に関連がある。つまり世界の土地に分布する帯状の逆説的光暈が、世界の何を収束させ、何を複数化しているかを、その介入的な身体に染めあげてゆき、しかも解答から見放されることが松岡のもくろみなのだ。

韓国にわたり「路地」の連帯を意図した中上健次の文学的営為は志向的(作為的)だったが、松岡は同調的で、なおかつ完全な自己消滅が果たされなければ同化が成立しないという現実則を手放さない。つまり自己消滅ぎりぎり手前の松岡の身体が、台湾の風光につつましくかがやいていて、そこから、からだを手放さない構えだった中上がいかに彼自身にすぎなかったかがが逆証される。松岡にはむろん「誰でもない者」が本質的にもつ「遥かさ」がある。

「マイナーであること」は数量的少数の問題ではなく、趨勢に食い込んでみずからを変換子とすることで逆境を生成することだとドゥルーズはしるした。そのための要件はじつはエクリチュール上の選択言語にある。チェコ語につうじていた者が無味乾燥なドイツ語を選択すること。フランス語で育った者がより感情表現が平板な英語を選択すること。「マイナー」はそのような亀裂のなかにまず刻印される。カフカ、ベケットは「誰でもない者」になろうとして、それを実現した。あるいは言語的天才だったツェランは、父母を虐殺したアウシュビッツの公用語=ドイツ語を母語としてもちい、つかえるはずだったフランス語などを詩作に禁欲した。この二重性により、ツェランもマイナーとなった。

出自の限定性と台湾性がとけあう松岡の書法は、さらに詩的記述をも巻き込んで、「文」の帰属を何重にも不能にしてゆくという意味で、やはり「マイナー文学」の継承者だ。繁字体による像の強烈な形成に反照されて、松岡の日本語による述懐はひらがなによって脱像化し、あいまいにこわれてゆく。日本の占領記憶を前提にしながら、糾弾意識も内向し、そこに立つことの異物性が「同調希望」とともに湧きあがる。これこそが精確な「世界内」実感だろう。世界の一端に立つことは世界のすべてに立つことにつうじる、という一般的な予見がいかに多幸症的かがわかる。それぞれの場所はそれぞれの場所なのだ。それでも身体の亀裂だけは普遍領域に掬される。

地縁的・民俗的・異言的・マイナー的・身体的という意味では、先に上梓された清水あすかの新詩集『二本足捧げる。』と双璧の詩集だ。清水の場合は、八丈島の方言がやまと古語と通底するとき、そこにある身体が、詩行の理路が、語の作用をうけて「見たことのないもの」に変じてゆく。「見たことのあるもの」を学習的に変奏してゆく現代自由詩のセンターラインにたいし、これらはまったく新しい通路をつくっている。以上、簡単な全体感想になったが、いずれは具体的引用とともに分析をしなければならないだろう。
 
 

スポンサーサイト

2012年07月03日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する