時計 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

時計のページです。

時計

 
 
【時計】


あのひとの立つすこしうえに、空がかぶさっている。重みが軽さにすぎないとしめす、あの媒介的な直立にあこがれる。胸には蓋があって、ひらくと薄さがひろがってゆく。めぐみをうけた肺は、ひかりとけむりも弁別しない。あのひとをささえる丘がすでにめぐりではないだろうか。まわる。
 
 

スポンサーサイト

2012年07月11日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する