とびら ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

とびらのページです。

とびら

 
 
【とびら】


そばにわたしのいないことが、はなれたたましいを泣かす。わたしは、いることの紋章なのか。とびらの内外に背中あわせでもたれている感触がきっとこの夜で、とびらが実際あけば関係も消え、星群がはいりこんでしまう。けれどわたしは出てゆく。とびらのおわり、きれい。
 
 

スポンサーサイト

2012年07月18日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する