相殺 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

相殺のページです。

相殺

 
 
【相殺】


くさはらに柱時計をよこたえると、おんなをおさめた柩にみえる。久の字のあるところ、おんなと時間がひとつに均され、おおきなものの衰えが左右にふられている。時報は鳴るだろうか。鳴ればおんながきえるか、そのまぶたがさらにひらくかして、消長もひとつに均される。
 
 

スポンサーサイト

2012年07月20日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する