FC2ブログ

発眼 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

発眼のページです。

発眼

 
 
【発眼】


みぎわにある眼、ねむさと視ることと濁りとがひとつになったそれは、地上の一角で蛇の目蝶のゆれている風だ。そんな眼になるまえの眼が次へうつると、あるものも蝶一頭につきぬと知れ、まことがあった。あふれでる像のほうが涕泣をなしている、泪ではなく。
 
 

スポンサーサイト



2012年07月26日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する