半眼 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

半眼のページです。

半眼

 
 
【半眼】


水のなかでにじむ水がある。おそらく屈折率など質の部分的なちがいが、そうみさせるのだろう。おもいでに似て、きえてゆくものの脅威は、ひろがるかたちをともなう。まがまがしさは深度のなかばにあって、層というかんがえまでくるう。なかばの眼をそのうごきすべてへ凝らしている。
 
 

スポンサーサイト

2012年07月31日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する