鳥外 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

鳥外のページです。

鳥外

 
 
【鳥外】


人外に類するものとして、鳥外をとおくにわたらせている。やがて近づくものは、そのように配置するものだ。いっせいに骨のおちる空がいずれ上に移ってきて、ばらばらとただ鳴る。真下には情なんかない、我ににんべんがくっついて、はなはだしい俄が生じているだけ。
 
 

スポンサーサイト

2012年08月28日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する