視 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

視のページです。

 
 
【視】


浪の見えの移りかわる日暮れ前だ。風がしろく、のばす腕もしろくなる。指している、日冊の別章を、すこしの奥を。みるめはふた身となり、ふやさなければならない、ふえるために。この浦を裏にして、かわらず見る。身の起点からつづく、まえのとおくを。
 
 

スポンサーサイト

2012年10月05日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する