FC2ブログ

詩人論 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

詩人論のページです。

詩人論

 
 
【詩人論】


帯びているひとは、ふと言いよどむとき、やまいをみせる。ぼくらの耳はそれを掬うため側面を立っている。帯びているひとは、天譴ということを声の奥行でしめす。とおさこそが、ぼくらのまなかいの咎なのだと。視覚が吹きわたっている。その天籟とはなんの痕だろうか。
 
 

スポンサーサイト



2012年10月12日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する