メイン・ストリートのならず者 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

メイン・ストリートのならず者のページです。

メイン・ストリートのならず者

 
 
北大二学期の全学講義「60~70年代のロック・ジャイアンツを聴く」は、「ビートルズ内のサイケデリック・レノン」「ビートルズ解散前後のシンプル・レノン」「60年代の変貌ディラン」とこれまで講じてきて、来週は「悪魔主義ストーンズ」をやろうとおもっている。ぼくはじつはストーンズでは『メイン・ストリートのならず者』が聴いていていちばんキモチいいが、このアルバムはたぶん悪魔主義ストーンズの終息と、淫猥不良主義ストーンズの開始を同時に告げるものだ。それで、つかわないかもしれないが、授業準備のため、内から好きな三曲を試訳してみた(「ダイスをころがせ」は以前に訳してある)。以下にペーストしておきます。



【スウィート・ヴァージニア】

荒れた嵐の冬をわたっても
おまえには頼るべき友が一人とてない
眼だまの裏の波打ちを抑えようとしてさえ
そこから赤や緑、青の涙があふれやまない

ワインを振舞ったカリフォルニアに謝意を
あまく苦いくだものにも感謝を。
そうだつま先の爪に砂が入った感触
靴のなかにヤクをしのばせていたのさ

*こっちにおいでよ、スウィート・ヴァージニア
 うずうずしてる、おねがいだ
 こっちにおいで、自分でやれるよ
 ふんづけたクソを靴からぬぐいとれる





【レット・イット・ルース】

おまえの腕にもたれている女はだれだい
えらくめかしこんで、おまえをモノにしようとしている
おれだってその女の色気にはケツがモゾモゾする
たった一、二か月でおまえはボロボロだろう

噛もうとするには酸っぱい腐臭
食えば下痢するとわかってた
それでも食っちまったんだ
それがベッドルームのブルース

こっちの望むときに、その女はくれる
抵抗できない、お決まりの言い方だが。
ゾクゾクするものをくれて拒めないんだ
それがベッドルーム・ブルース

バーで酔っ払うおまえ
おれは愛じゃない、ツキに見放されてるんだ
電源をぶっ叩いて、灯りを切って
今夜もされるがままになるだけ
友だちなら、おれがヘンになってるとおもうかも
付き合いきれないとおもうかも
でも今夜もされるがままになるだけ
涙をみせる気などまるでない
ゆるゆると、くずれるがままになるだけ



【ライトを照らせ】

1009号室の床に、大の字になったおまえを見た
わらっていた、でも涙をながしてもいた
おまえの心がわからなかったんだ、恋人よ
ベルベルの宝石をジャラジャラいわせ闊歩しても
であうたび女どもに血走った眼を向け
気分が落ち込んでゆくようにみえた、おまえは

*よき神がおまえに光をそそがんことを
 おまえの唄う歌がおまえの益とならんことを
 よき神がおまえを照らし
 その夕光もておまえが暖まらんことを

おまえが陋巷に泥酔し 服も裂け
夜の仲間もみな去って、寒い灰色の朝にのこされたとき
蠅がおまえにたかり、はらうのもままならない
天使たちがちょうどそのとき翼を搏って
笑みをうかべ、眼からひかりをはなち、舞い降りる
その光景のなかのおまえにため息をついたんだ
そうだ天使よ降りよ、さらに降臨せよ

 *
 
 

スポンサーサイト

2012年10月19日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する