ワイルド・ホーシスほか ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

ワイルド・ホーシスほかのページです。

ワイルド・ホーシスほか

 
 
木曜のロック講義のためさらに三曲を訳出。基本中の基本で恥しいが、これも下にペーストしておきます。



【サティスファクション】

*不満だらけだ、あきたらねえ
欲求不満からのがれようと
なんども何度もオナってみたが
からだの不足がおさまらない

クルマをながしカーラジオをつければ
くどくどとDJが意味なし喋りをつづけ
おれの想像力を黒焦げにしちまう

ヘイヘイ、言いたいことはそれだけ



TVをつけりゃ胡散くさい野郎が現れ
自分のシャツの漂白法をとくとくと喋る
けど奴は(服をしろく保つため)煙草を吸わないんだろ
おれのような安煙草をさ

ヘイヘイ、言いたいことはそれだけ

 *

そこらをぶらついて
これをしちゃ、あれにため息ついて
おんなをひっかけてはみたものの、いわれてしまう
「おととい来やがれ」って
おれが連敗組にみえたんだろうな

ヘイヘイ、言いたいことはそれだけ

あきたらねえ、みちたりねえ、
欲求不満で、はちきれそうさ



【黒くぬれ】

赤い扉をみればイラついて、黒く塗りかためたくなる
ほかの色なら無駄だ、真っ黒にしたいだけ
*夏の薄着で着飾った女の子たちが驕慢に通りすぎる
途端そのままじゃヤバいほどアタマのなかが真っ暗になる

クルマが渋滞してればイラついて、黒く塗りつぶしたくなる
花で飾るとか愛でかがやかすとか、もうできないんだ
おれのヘンな気配に気づき奴らは振り返り、サッと値踏みする
それで産まれたばかりの赤ん坊をみたように驚くんだ、毎日のこと

自分の内面をのぞきこめば、心が漆黒とわかる
赤い扉をみれば、ともかく黒く塗りかためなきゃならない
たぶんおれが消滅したあとでようやく気づく
おまえらの世界を真っ黒にしたと誇るのも簡単ではないと

もはやおれの緑の海すら昏い紺となる
おまえにもこんな感覚異変が生じるのかは予断できない


おまえたちの顔をみれば真っ黒に塗りたくなる、
夜みたいに石炭みたいに、かぐろく
太陽なんかみたくない、太陽の向こうまで高く消えたいんだ
くろく黒く黒く塗りつぶされた絶望だけみたいのさ



【ワイルド・ホーシズ(荒馬の群れ)】

子どものころは日々生きるのが、たやすかった
ほしいとおまえがいえば買えるものばかりだった
ぶしつけなご婦人はそんなおれの正体を知っていて
彼女を手放せないおれのよわみも見越していた
荒野を奔る馬たち、できればおれをどこかへ連れ去ってくれ
できればおれをどこかへ、荒馬たち

おまえがにぶく疼きつづける痛みにあえぐのをみた
それはみんなにあるものだとおれにしめした
人払いもいない、舞台がはねたあとのひと波には
だからつらくなり、おまえに当たってしまう
荒野を奔る馬たち、できればおれをどこかへ連れ去ってくれ
できればおれをどこかへ、荒馬たち

おまえを夢みつづけたことの罪と虚偽
やっとその束縛を解いたが、もう残り時間もわずか
信義がくずれ涙を禁じえない
死後にしか生き生きと暮らせないのらそうしよう
荒野を奔る馬たち、できればおれをどこかへ連れ去ってくれ
いつかおれたちは通り過ぎるだけの荒馬を、駆ってみたいのだ
 
 

スポンサーサイト

2012年10月20日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する