百舌 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

百舌のページです。

百舌

 
 
【百舌】


からだのなかに枯れ枝が一本のこっている。百舌の止まり木で、まねる百舌のためさらに真似ているのだ。斬りえないことを斬る百舌の翔びも模倣だろう。かれは舌の百でくちばしがみえない。巣そのものも鳥の餌にならない。うつつをよぎる異類の、焔のかたちが近づく。
 
 

スポンサーサイト

2012年10月23日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する