檸檬 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

檸檬のページです。

檸檬

 
 
【檸檬】


知床の馬群はいまどきを冷えているだろう
尖端にむかう風に彫られるものの宿命だ

鉄の血管をうきあがらせていた肌も
ゆっくりと草木のねむりへかえってゆく

もはやみずからの景観となった谷合の橋を
かぞえられるために渡る日々のあゆみが

じっさいはひづめとまぶたのちがいを消す
つなぐ橋はそれでもたてがみの余韻だ

渡られる枠組みの平衡を念じその足あとへ
だれかが檸檬を置き、蹴られ、ころがされる
 
 

スポンサーサイト

2012年11月27日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する