おんな空 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

おんな空のページです。

おんな空

 
 
【おんな空】


とおくみあげれば空気の理想が
刳り貫かれた雪空のなかにひそむ

自体浮力へかかわらずになんの空気か
むろんそこには鳥もいられない

落ちてくるものは遅さとなっている
遅さとなって数が炎え、やがて凍るのだ

ひとつの嘘、「善の雪空が悪である」
脈絡のないからだのみ浮くだろう

理想を物質化すると、くびれが現れる
薄さが好きだ、女体にも線しかない
 
 

スポンサーサイト

2012年11月29日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する