七飯 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

七飯のページです。

七飯

 
 
【七飯】


しろいジャムをつくろうとコメを煮つめてゆく
くだいた干しイチジクをすこしだけ散らす

パンは藻でつつみ焼きしてそこに貝をいれる
ながいくりやでは空気数本と肩をならべる

作業のおそさのなかで迅さが口をひらき
できあがるものは烏賊をさけぶ貌になってくる

まなこ喰いという化物だそうだ、晴れていた年の
とおくを数本の光線でふりつづけたものは

さいごに陸をわかつ海峡へと酢をしぼった
みずからを〆る味の、ほそくあるために料る
 
 

スポンサーサイト

2012年12月24日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する