椀に享ける ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

椀に享けるのページです。

椀に享ける

 
 
【椀に享ける】


椀の範囲で湯にふる雪をみている
そんざいする手もとはなんの夢だろうか

つながってゆくものの金いろのくさり
それらは無底のまとう時間かもしれない

みずからを映すのに手もとの円が要る
やがてはみずからの雪も椀にはいり

いずれ起点のないものには終点がないと
ひかりだし波うつ、うすい面があった

この局所は、かたむければ傾斜にすぎない
湯を足もとにかえして悉皆けむりたつ
 
 

スポンサーサイト

2012年12月27日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する