眠りの食 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

眠りの食のページです。

眠りの食

 
 
【眠りの食】


海の貝採りをとおくおもいながら
わすれられたまぶたをほおばってゆく

それらぼけた水中視界をからだにいれて
うすさを消化管へわけあっているのだ

だから液体のもともとにもつ層が
からだにとよむ虹へとこすれかわり

やかれる帆立、舟のぞうもつからも
ゆきの掟めいてあんうつの色がきえた

うすくひらかれて臨む海そこを
身中にかさね、ねむくなってゆく夢
 
 

スポンサーサイト

2012年12月28日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する