FC2ブログ

10句+1 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

10句+1のページです。

10句+1











































































 




















































































【贋「即興詩 腹筋」】


笑うためだった
横隔膜は鍛えられないので
腹筋を鍛えた
不安な
雲の峰のようになって
性愛のとき
下腹に夕立が流れた
都市は動いているか
足許では女が
横になっただけではなく
夏を流れている
腹筋のうえの俺(魂、)
ひん曲がりながら
どこに立ってるんだ
夕焼け ぎらぎら




なんか昨日・一昨日は多方面に怒っていたが
早寝して深夜に起きたら
気持が落ち着きだした。
森川さんの即興詩に
さっき、いい出来、とおもう詩篇を対したのが原因か。

どうしようかな、とおもったけど
「なにぬねの?」に発表した近作10句と
その森川さんへの即興詩を
まとめてここに発表しておきます。

今日はいい日になるかなぁ。

とりあえずまた眠くなるまでは
玉川さんが送ってくれた
浅沼璞『可能性としての連句』(ワイズ出版、96)を
ひもとくことにしよう。
玉川さんの送ってくれる本らしく
冒頭は
「切れ」から俳句と連句(平句)のちがいについて
論及がなされている

スポンサーサイト



2008年02月19日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する