逆 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

逆のページです。

 
 
【逆】


おんなを膝のうえにのせて
うしろから抱くというのはどうだ

そんざいに樹蜜があふれてきて
もろとも大樹になりだす老化がある

しんしんとふる雪のなかで一樹が
空へのわかい墜落をねがうのもみた

おもてに衰えのなにも兆さないことが
ものをつらぬくじっさいの懶惰なら

ひとも樹も浮上でおのれを裁かぬために
うしろから抱かれる老いをポーズする
 
 

スポンサーサイト

2013年01月18日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する