ぶらんち ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

ぶらんちのページです。

ぶらんち

 
 
【ぶらんち】


とおくをみすえ初めて首のかまえができる
ふる雪のむこうにそんなうつくしい犬をみる

朝はいつもはれている、昼まえからふる
うつむいたかまえで菜に塩をふってしぼる

炊いたものは崩れるまえのつやめきを盛られ
それを飯することもただ遅れへの盟となる

即興じたいに価値があるわけではない、それが
あらかじめの決めとこすれる細部がきれいなのだ

とおすまなざしにのぞみがあるなら希望も筒状で
ものではないことになる。食後は眼をつむる
 
 

スポンサーサイト

2013年02月05日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する