FC2ブログ

途中 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

途中のページです。

途中

 
 
【途中】


一節とはみしらぬもののありかたで
つづきつつ変わるものなら見知っている

くすぐったいといいながらとろけるひとの
もえてうるむひだの、視覚のないことも

ふる雪にまざるフィルム齣をおもわしめ
心眼というものはみずからの遠くにならぶ

「見知っていると言え」このように視へ
いたずらに途中である雪がおりてくる

つらなりの裸にみえる連続がただあって
ぬれた立ち往生から往生がこぼれる
 
 

スポンサーサイト



2013年02月23日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する