広場についていわれること ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

広場についていわれることのページです。

広場についていわれること

 
 
【広場についていわれること】


そうさひろばがきっさてんだ
こんなふうに三々五々あつまって

ひのひかりによってはあおくみえる
くさを煎ったのみものを喫して

しりょくが旧に復したのをいいことに
からだにゆっくり色をまぜてゆく

三々五々はかぞえると十六人なのに
ふと十五人のかんじがするのがこわい

ひとり欠けているのだこれがひろば
たりないものをかがやかすそのために

ぼくらはあおくみえるのみものを
減数刑ののみどにながしこんで

みやるひとみもなみだに似ているが
このいきている日を失禁とはよばない
 
 

スポンサーサイト

2013年05月20日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する