FC2ブログ

メモさらに ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

メモさらにのページです。

メモさらに

 
 
欠けているものがみちている感覚が詩の行にはあり、詩のことばはたがいの張力によりながれている。だからそれは意味になるてまえで、すでに読む眼を音楽でぬれさせ賦活させる。詩の原罪はそのように音楽を代位してしまうことではないか。しかも哲学や自身の生までをも代位しようとする越権すらある。ただの、うすまくなのに。あるいは、とおさがちかいだけの息なのに。そのように括られそれじたいを捉えられない無惨なからだなのに。
 
 

スポンサーサイト



2013年07月17日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する