トナー ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

トナーのページです。

トナー

 
 
【トナー】


無関心が法則となっているそのひとみを
みごと鳥影が射当てると
うちがわをくろい粉が
ほこりをたてるように舞う
そんなふうに水は土でできているが
おそろしいながめとは内部を
ちりばめているものがとび散って
むすぼれがあやしくなることだ
キャンパスのなかのハス池
眼の断面と鳥の断面がちがうのに
おなじにおもえるのは
すぐまえであるわたしが
眼と鳥の中間だからかもしれず
みたものをつげるまえには
やわらかな転写がさけられない
 
 

スポンサーサイト

2013年07月18日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する