FC2ブログ

歌 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

歌のページです。

 
 
【歌】


歌であるあかしが成るとき、ことばが声にとける。歌であるあかしが立つとき、一曲という囲いが終わる。ひとやにいるなら、とけることはさいわいで、終わることがただものさびしい。だからひとやでは歌というものが口とのどをみたし、もう歌をやめられない。胸にはなだらかなまるみができ、歌のかまえともよばれる。死ぬまでのえらび、これがねずみとちがうところだ。
 
 

スポンサーサイト



2013年07月20日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する