FC2ブログ

メモ4 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

メモ4のページです。

メモ4

 
 
これは失敗したとおもう詩はことばが勝ちすぎている。一語一語が負けるよう手さばきをゆるやかにしなければならない。詩脈を折り、できた枝状にやすりをかけ、記憶を予感するようにする。接眼レンズであると同時に、プレパラート内だということ。感覚にともなう天界のひみつ。ひとつの顔が何層でさえあるゆううつ。そのなかへ有翼がぼやけだす。いつか観た、両断された羽根まくらのように、無言とスローモーションとを詩が祭りだす。
 
 

スポンサーサイト



2013年07月28日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する