FC2ブログ

メモ8 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

メモ8のページです。

メモ8

 
 
わたしのなかのなにかが、わたしにとってたえがたく速い。だからゆるやかさを課すことが、からだへの懲らしめとなる。ゆっくりと、さらに間遠になってゆく戒律を仕向ける。音をおもいながら。こうして拷問の外観が、わたしじしんの外観と合致してゆく。けれどねがうのはそれにとどまらない。ひび割れた水甕のなかの最後の甘露によって、その水甕ぜんたいを否もうとしているのだ。
 
 

スポンサーサイト



2013年07月31日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する