メモ10 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

メモ10のページです。

メモ10

 
 
みわたせばすべてこまかさの点在となっているながめがあって空間と音楽のまざりにおそれをかんじる。そうなれば気散じをするしかないがみたものを瞼の裏にひろげる瞑目ではなくからだそのものをちいさくするのがすぐれた対処だろう。わたしたちは時間にたいし紐のすがたをとることで無防備なのだからまずは身のおきどころをまとめるべく感覚にとぐろをまかせる。このちいささが外延にかかわらない閉じをなしてはじめて点在のひとつへと身もおちつく。あるいは点在のあふれがなにかの決壊でないとも気づいてゆく。恐怖は克服するのではなくその成員になるうごきをもとめているがそのうごきは除外とかかわるかぎり存在的ではない。
 
 

スポンサーサイト

2013年08月04日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する