改行文4 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

改行文4のページです。

改行文4

 
 
つれそうながい顔が真横にあるが
おなじものなど犬はみていない
つれそいにみちたりているおのれから
たらすまなかいのふかさをはかっている
ひとみへじかに風があたっていても
ふく風にはただおくゆきだけがあって
そのおくゆきがばけものだということを
あるいは結界がみだれきっているのを
かたわらの犬はひしがたにみている
つれそうひとに樹のたかさが似合うが
このときは十四五の枇杷がゆれて
そこだけ悲鳴があかるんでいる
 
 

スポンサーサイト

2013年08月09日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する