散文21 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

散文21のページです。

散文21

 
 
くちもとをしんみりさせるために酒精をはこぶ。すると背に気味わるくつばさが増殖してくる。それまでしゃべりすぎていた咎がかたちなすのだ。むろんはこぶことは天族の所業だから、ことばのはこびも酒精のはこびに凌がれる。このとき酒精のうちがわが酒精そのものによって増殖させられている全身をかんじる。しゃべりすぎるな、呑め、といっているうち、からだにはつらぬく無言棒までできていて、それが自分をはなれてぶんぶん飛ぶ。
 
 

スポンサーサイト

2013年08月21日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する