改行文7 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

改行文7のページです。

改行文7

 
 
あたえられた葉を採取地からくわけ
しょくぶつの傾向をうかばせる
ひとつ紐のようにながくたよりない
ねむりをひきぬかれた葉があって
髪にしてはみどりなそれが
どろみずへなびいていたと聴き
厚別区のことなりにおどろく
きっと胚芽がそのヘッドフォンから
糸状をひりだしたのだとおもうが
どの病斑が雌株のしるしなのだろうか
雨への境がいつもあかるむのに似て
ゆうれいをほのめかす逆草もある
 
 

スポンサーサイト

2013年08月29日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する