メモ33 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

メモ33のページです。

メモ33

 
 
あるとき椅子にすわれば、そのままひとは椅子のかたちになる。しかも内面にさえ腰かけているのだから、ひとの内側が直角に折れてながれる。さらさら音がこぼれるようだ。そろえた腿にひかりがあたると、せなかも背もたれに吸いついて、すわることは木と一体化する。休の字がふたつの部分になる安らぎ、こんなものがこころとからだなのだ。すわりながらさらに設問をかえてゆく。あるとき柱へもたれれば――あるとき寝床に横たわれば。
 
 

スポンサーサイト

2013年09月28日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する