FC2ブログ

ダウナー ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

ダウナーのページです。

ダウナー

 
 
ダウナーをめぐる毅然たる音楽哲学。まざりあう相互に再帰的にある厳格さを聴きとって、「在る」「きえる」をながれのなかにかぞえる。それでもフォルテの裏箔の位置にピアニシモがひしめいていると、くうきには皺のようなものがふるえ、頭蓋の側面にて蝋の耳がとけてゆくのだ。この鏡面と失墜とが音楽のある空間にたしかにひらめく傷だ。そのことは音楽の総体を身体にしない。むしろ空洞性を共鳴させるだけだ。うつろさまでを毅然と受けとるとき、からだの共鳴は厳格と曖昧のあいだを思慮のもんだいに変える。
 
 

スポンサーサイト



2013年12月24日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する