今年書いた映画評 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

今年書いた映画評のページです。

今年書いた映画評

 
 
今年、ネットに書いた映画評(備忘用、大島渚関連を除く)

●1月
いまおかしんじ監督『星の長い一日』
松江哲明監督『フラッシュバックメモリーズ3D』

●3月
石井裕也監督『舟を編む』
沖田修一監督『横道世之介』
ミヒャエル・ハネケ監督『愛、アムール』

●4月
西村晋也監督『Sweet Sickness』
上野俊哉監督『連続ONANIE・乱れっぱなし』(追悼)

●5月
渡辺あい監督『MAGMA』

●8月
テレンス・マリック監督『トゥ・ザ・ワンダー』
宮崎駿監督『風立ちぬ』
西谷弘監督『真夏の方程式』
西尾孔志監督『ソウルフラワートレイン』

●9月
小林政広監督『日本の悲劇』
大根仁監督『恋の渦』

●10月
吉浦康裕監督『サカサマのパテマ』

●11月
斎藤久志監督『なにもこわいことはない』

●12月
吉田良子監督『受難』
ロウ・イエ監督『パリ、ただよう花』
纐纈あや監督『ある精肉店のはなし』
アルフォンソ・キュアロン監督『ゼロ・グラビティ』

計20本。数量としては足りないが、トータルの長さなら、まあ合格かな
 
 

スポンサーサイト

2013年12月31日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する