FC2ブログ

雨馬 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

雨馬のページです。

雨馬

 
 
【雨馬】


雨のせいか、あれらがいまの世の馬とはおもわれない。ならびそのものがしずくに透いて、一馬から他馬へと、うなだれが映りあう。銀箭の雨には一本ごとのほそさがあって、それに部分のおさまるのも蕭条というが、ならびがまきばとひとしくなるのは、とりわけふるい雨下での蕭条なのか。場所の耳尾。画筆にあらがうのか固有の色がみえず、まざりがしずかなのは、雨のほまちのゆえではなく、ふくすうがありきたりのまま異数となるためだ。いつまで強調からはなれて、そこにいる。ほしいまま全頭がかなでられる、うすい革の名器となるまでか。
 
 

スポンサーサイト



2014年02月09日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する