日傘女 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

日傘女のページです。

日傘女

 
 
【日傘女】


ひかりまで蒸散しているような
そらのしたいっさいの施条痕
まわる暑気へはいってゆく
ゆるやかさは汽車の進行形なのに
じかんの前後に挟撃されている

あふれを身幅ていどのつましさで
うけとめる家が日傘だとして
尾ばねのうしろ身へかくしつつ
しろくそれがたたまれると
なんとかんたんに
ひとも線になれるのか
気配にしたたるのは
日傘ではない、いつもひとだ

ひとつの閉じのかわりに
背後世界のまぶしさがひらかれる
きえるとはものみなのあらわれること
記憶すら終わってしまう
 
 

スポンサーサイト

2014年06月04日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する