沢 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

沢のページです。

 
 
【沢】


身の奥にかんじられた
とうめいな胎児の
ぎんのようなものが
くれがたの沢に
幾筋もうごいているから
この日の溶暗がすごい

受胎も受洗ではなかったか

とおさはながく尾をひき
もはやながすぎて
ひとというふくろの
尺度にも似ない

けれど身の奥のくらさには
ぼんやりと沢水がひかる

はらみ馬の厩ちかくで
ぬれ髪のごうがんを梳く
たったひとりのときに
 
 

スポンサーサイト

2014年06月11日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する