浮橋 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

浮橋のページです。

浮橋

 
 
【浮橋】


橋は道の浮くところ
ふだんは草へ牽かれる足の
ときならぬ、かるさに
ふとしもまどうしろいわたりだ

橋から橋へのつなぎのみで
あやめ底敷く仮定がひろがる
かげろうが微風とまざりつくす

ひとすらなみして浮橋は
おのれの浮きをまわりうごく
これが世界だとして
ゆきかいがあり挨拶がある
ひかりに壊されたあやめより
さらにちぢれたほほえみもある

けれどやつれるのだ
どこまでと問いかけられる
その橋情こそどこまでなのかと
 
 

スポンサーサイト

2014年06月18日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する